記憶と暗記の違いは何?

記憶と暗記の違いは何?

記憶術=暗記と思う方も多いみたいです。

ですが、記憶と暗記では大きな違いがあるので、こちらでまとめてみました。

無料で脳トレ体験!

記憶とはどういうものか?

記憶とは物事を理解した上で覚える事です。

また前に経験した事やで過去に学んだことを覚えておくという意味も含まれていています。

長期的に脳に定着させる事を「記憶」という解釈になります。

暗記とはどういう事か?

暗記は理解しているしていないに関係なく覚える事だと言えます。

数学の公式を覚えるのも、理解して覚えているのではなく、形として覚えている方がほとんどだと思います。

ただ、かけ算の九九を暗記しましたよね?

その九九は今でもしっかりと覚えていると思います。

何度も暗記を繰り返すことで、長期的に脳に定着させる手段の1つとして、暗記はあるのかもしれません。

暗記の必殺技一夜漬けは良く記憶できるのか?

効率よく記憶するということは、いかに要領よく脳に記憶として定着させるかという部分が重要になってきます。

人というのは実は凄く忘れっぽい生き物なので、覚えた!と思った事でも1日後には7割以上の事を忘れてしまうとも言われています。

要するに一夜漬けで試験を乗り切るという方もいると思いますが、知識としてはしっかりと脳に定着をしていないので、忘れてしまう事も多く、効率の良い記憶の方法とは言えないでしょう。

ですが記憶としてきちんと定着するまで繰り返し復讐を繰り返すのも時間がかかります。

日々、定着させる為に何時間も時間を費やすのも、効率という面では良いとは言えません。

では効率よく記憶をするにはどうしたら良いのでしょうか?

短時間で効率よく記憶する方法とは?

短時間で効率よく記憶をする手段として凄く有効なのが「宮地式脳トレ記憶術」です。

暗記の分野でギネス世界記録を樹立し、世界的にも天才集団として有名なジャパンメンサ会員でもある、宮地さんが開発したのが「宮地式脳トレ記憶術」です。

しかも1日たったの10分だけで良いんです。

何時間もかかると継続も困難になって挫折する人もいるかもしれませんが、1日10分なら、忙しい人にも時間を割くことが可能な時間だと思いますし、少しのスキマ時間でできます。

日々短い時間で、どんな人にでも再現性が高く、簡単で効率よく脳トレを行いながら記憶力を高めていく方法として開発されたのが「宮地式脳トレ記憶術」なんです。

脳トレとしての効果も非常に高く、その注目度の高さから、様々なメディアでも取り上げられている記憶術です。

若い方には勿論の事、認知症が心配になってくる年配の方まで、年齢を問わずに気軽に始める事ができて、継続性も効果も再現性も高い事から、多くの方に求められている記憶術となっています。

今は無料体験で宮地式脳トレ記憶術に触れる事も可能となっていますので、ぜひお試しになってみては如何でしょうか?

無料で脳トレ体験!
TOPページを見る